iPhone・iPad・Androidなどスマートフォン(スマホ)アプリ開発ならグリーンシステム

ページトップ

iBeacon概要

iBeaconとは?
最近、よく耳にするようになってきた「iBeacon」とは、Apple社のiOS7から実装された機能の1つで、Bluetooth Low Energyを利用した新しい無線技術です。

iBeaconを利用することで、iPhoneユーザの「位置」や「方向」などをWi-FiやGPSより正確に位置情報を計測ができます。 また、Beacon端末がコンパクトでLow Energyの為、電源確保や設置場所に悩まなくて良い点とBeacon端末自体が 安価に購入できる為、大量に設置する場合でも対応可能と言えます。

iBeaconの市場
昨年は「iBeaconの年」といっても過言ではないほど、iBeaconが話題となりましたが市場的には、今後導入シュチュエーションが増えてゆくことが予想されております。
※特に日本は、iPhone大国と言われるくらい、国内のAppleシェアが多いこともあり、導入されるケースが  増えると予想されております。

iBeaconの仕組みについて


iBeaconは、発信側のビーコン機器とビーコン機器からの電波受信に対応したアプリの組み合わせによって構成されます。ビーコンは識別に必要な固有のID情報を発信します。 またそのID情報に紐付けられたアプリにしか反応しません。※ID情報は、proximityUUID/Major/Minorの3種類の識別子で構成されています。
ビーコン端末と同じ識別子をアプリにも登録しておきます。そして、アプリにビーコン機器と同じ識別子が含まれていると判別されると、アプリが反応して通知が表示 されるという仕組みです。


カバー範囲について

広域の「GPS」、広範囲の「Wi-Fi」に対して、「iBeacon」は屋内で位置情報が取れることに特徴があります。 iBeaconは、IDを発信する範囲を「Immediate」(近接)、「Near」(近い)、「Far」(遠い)の3種類から設定できます。 ビーコン機器により異なりますが、Immediateが数cm、Nearが1m、Farが10m程度の範囲(半径)をおおむねカバーしています。 ただし、ビーコン機器とiPhoneが触れるほどの距離で あるImmediateにあっても、iPhoneが分厚い金属のケースに覆われていると電波が大きく減衰し、Farや圏外になることも起こりえます。アップルがあらかじめ3種類の 距離設定を用意したのは、ビーコン端末がさまざまな影響を受けることを考慮したためと思われます。ビーコン端末単体ですら、天井や地面からの反射波に より干渉を起こし、部分的に電波の強い位置/弱い位 置が発生します。


メリット・デメリット

メリット
  • ◆シームレスな情報提供
    1. 顧客が情報を探すのではなく、情報が配信されてくるため、顧客は非常に楽になります。また顧客個人の過去の履歴情報と結びつけば、1人1人に適した情報の配信が可能になり、顧客にとって更に有益な情報提供が可能です。

  • ◆来店促進
    1. 店舗の外を歩く人にも電波が届けば情報を配信し、来店を促すことが可能です。

  • ◆位置と距離の把握
    1. GPSが届かない場所でも何処にいるのか?把握し且つどれくらいの距離なのか?把握することが可能です。

  • ◆識別
    1. 顧客の来店回数、滞在場所、クーポン配信数あたりの買い上げ率などのデータを蓄積することが可能です。

  • ◆動きの効率化
    1. どのくらいの回数、どのくらいの距離で顧客とコミュニケーションすることが、買い上げ率の向上につながるかを、モニターすることが可能になります。このデータに基づいて人員が行動することで、動きを効率化させることが可能です。

  • ◆マーケティング・データ化
    1. 顧客の購買データ、滞在場所ごとの顧客の買い上げ率といったデータの取得により、店舗内の陳列や動線の変更など、レイアウトを改善して、最適化することが可能です。

デメリット
  • ◆Android端末対応
    1. まず実装の部分でiOSと異なります。iOSのようにiBeaconをサポートしていないので、 Bluetooth Low Energyの一形態としての扱いが必要となります。また、OSもVer4.3以降でないと対応していないのが現状です。

  • ◆セキュリティ
    1. iBeaconの識別子であるuuid,major,minorの値は、容易に傍受できてしまうので、偽ビーコンやなりすましが危惧されます。 そのため、導入の際にはサービス設計において注意が必要となります。

iBeacon構成・イメージ




ご利用イメージ


iBeacon + デジタルサイネージ


デジタルサイネージを見ているユーザに対して、画面表示されている内容に関連した情報を提供することで、強い印象を残すことが可能です。

パターン①
画面を見ている⇒いきなりアプリに情報が飛び込んでくる⇒お得なクーポンやオリジナル動画など取得

パターン②
デジタルサイネージの近くにいる⇒いきなり情報が飛び込んでくる⇒お得なクーポンや動画などを取得

見ている方・見ていない方の双方に情報を提供することができかつ特殊な作業が必要ないため、手間もかかりません

ご相談・お問い合わせ

先頭に戻る