iPhone・iPad・Androidなどスマートフォン(スマホ)アプリ開発ならグリーンシステム

ページトップ

高い技術力と豊富な開発実績で
成功するアプリを一緒に考えます

スマートフォン・アプリ開発/サイト制作について、初めてのお客様も既に作られる イメージが纏まっているお客様も、お気軽にご相談下さい。 お客様にとって有益性のあるスマートフォン・ソリューションをご一緒させて下さい。

スマートフォン/タブレットの注目度

今やスマートフォンは年間に1000万台以上を売り上げる大きな市場です。 その勢いは年々増しています。
そして、アプリケーションの配信プラットフォームとして、 今後ますます成長することが期待されます。

⇒ 年齢層も幅広く、ご高齢の方々も利用している方が増えています。

スマートフォンを活用し、様々な便利ツールやゲームなどのアプリの発達が大きな 要因となり、 iPhoneやアンドロイドのスマートフォンの普及や需要の増加が急激に 進むに連れて、アプリの開発市場に参入するアプリ製作会社も急速に増加し続けています。
特にアイフォンやアンドロイドのスマートフォンのアプリの開発は、アップル社やGoogle社が 簡単にアプリの開発できる環境を提供しているので、アプリの人気とともにアプリ製作会社や 開発者も急速に増加し、アプリの制作を外部に委託しようとしたときのアプリ制作会社の多さ に驚きました。このため、アプリ製作会社はノウハウや差別化のための創意工夫による競争 が激しい時代です。

⇒ そこで数多くのアプリが生み出されることで、より大きな市場へ展開しています。

スマートフォン開発/制作ポイント

スマートフォン・アプリ開発やサイト制作をおこなう前にスマートフォンのことをもっと知っておく必要があります。
理解することで、それぞれの端末ごとの環境や特徴を活かすことが可能となり、 より良いスマートフォンのアプリ開発やサイト制作へ繋がってゆきます。

Android/iOS プラットフォームの違いについて

最近、“アプリ”・“スマートフォン・アプリ”・“スマホゲーム”などのキーワードをよく耳にすることが多いと思います。
スマートフォンと言った大きな概念で纏められているので、勘違いしがちですが、パソコンのOSを例えていえば WindowsとMACの違いと同じでスマートフォンも、アンドロイド系とiOS系に分かれています。
最近では、Windows Embedded端末(Windows系)も出ております。

アンドロイド系とiOS系を簡単に纏めてみました。
Android? = iOS?
Android(アンドロイド端末:例 GALAXY S5 / XPERIA Z2等)
アンドロイド・アプリの開発は、iPhoneとは違いどんなパソコンでも可能で、かつアプリ開発するために 重要なライブラリやJava言語でプログラミングをするJDKのほか、アンドロイドの端末がなくても すぐにアプリ開発ができるエミュレータなどのツール開発セットや Android SDKも無料でダウンロードが可能です。
そして、開発したアプリを公開や販売するには、初回のみAndroidのアプリ開発者としての登録料を納めることが必須ですが、 Google社の審査は公序良俗に関わる最低限の審査なので、簡単にアプリの公開や販売ができます。 よって、アンドロイド・アプリ開発は費用が掛からず誰でも手軽にでき、簡単に公開や販売できることが持ち味と言えます。
ただ、端末数が多く未だに古いOSのアンドロイド端末を使っているユーザ様もいる為、テストに掛かる作業が大変であり、 その分、コストが発生してしまうことが多い為、「どこまで限定するか?」を決定しなければなりません。
アンドロイド開発者サイト

iOS (iPhone / iPad等)
iPhone/iPad等のアプリ開発にはMacが必須となります。
残念ですがWindows環境ではiPhoneアプリの制作はできません。開発はMacOS上で行います。
開発にあたって、アップルのiOS開発者登録(AppleID取得)を行う必要があります。(有料)
アプリ制作に必要な開発環境Xcodeは、登録した開発者ページよりダウンロードできます。 開発言語はObjective-Cですが、C言語をベースとしたオブジェクト指向言語なので C言語とオブジェクト指向の知識があれば、それを生かせます。
この言語は、C言語の上位互換であり、その名の通りオブジェクト指向です。
※iOS8 SDKより新しい言語Swiftが利用可能となった。
アップル開発者サイト

一見、同じアプリでもアンドロイドとiOSでは、作る環境も作り方も大きくことなっている為、双方のメリットを考えた上で、開発を進めることが必要となります。
またアプリの内容によっては、ターゲットを絞り込んだ上でリリースをおこなうプラットフォーム(OS等)を選定することで作る無駄を減らし、効率よく安く制作することができます。

弊社の強み

弊社は、お客様にとって最適なスマートフォン・アプリ/サイトのご提案をさせて頂きます。

  • ①お客様目線でスマートフォンアプリ・サイトを一緒に創造させて頂きます。
  • ②確かな知識と技術でお客様のご要望を実現させて頂きます。
  • ③お客様のご予算に合わせたご提案をさせて頂きます。

スマートフォンのアプリ開発/サイト制作について、初めてのお客様も既に作られる イメージが纏まっているお客様も、お気軽にご相談下さい。

お客様にとって有益性のあるスマートフォン・ソリューションをご一緒させて下さい。

スマートフォンの開発実績

リモコンアプリ
Android/iOS、スマートフォン/iPhone/タブレット
音声チャットアプリ
Android/iOS、スマートフォン/iPhone
プロモーション用アプリ
iOS、iPhone
会員カードアプリ
iOS、iPhone 詳細はこちら

スマートフォンの開発・制作

企画段階にてスマホ・アプリの開発について、ご相談を受けますが、アプリにするメリットがないケースがあります。
※開発会社側からすると矛盾致しますが。

アプリと言っても、現在は以下のように2極化しています。
  • 従来のWEB技術(ブラウザを利用)を使い、一部をアプリケーション化するパターン
  • 完全にアプリケーション化するパターン
しかしながらどちらも一長一短があります。

分かり易い例が、ECサイトのアプリ化と言えます。 詳細はこちら

スマホについて

スマホについて①-サイト最適化の重要性
スマートフォンはPCと違い画面サイズや画面タッチでの操作など、利用するユーザにとって利便性が異なっています。
その為、スマートフォンを利用する方が増えてゆく中、スマホユーザ向けに最適化されたサイト制作が重要となっております。

確かに、PC画面の方が慣れてて分かり易いという方もおられるかと思いますが、 見た目や使い易さを追求することで、伝えたいことが伝わり易くなり、 元々のサイト目的(ブランディング効果や販売促進)がより現実化します。

実際に、携帯サイトのようにスマートフォン用に画面を作り変えたところ、
  • サイト・イメージが変わった
  • ページで迷うことが減った
  • 表示自体が早くなった
など、プラスになることが多く見受けられます。

特に“サイト・イメージが変わった”という点については、携帯サイトの時より重要な項目として挙げられてきた為、効果があると言えます。
詳細はこちら サイト最適化
スマホについて②-アプリ化の重要性
アプリ化することで重要なのは、常に利用して貰える可能性が大きく向上することです。

例えば、出前サービスをしているWEBサイトがあったとします。
通常であれば、ブラウザ⇒検索⇒サイト⇒注文⇒決済と言った流が一般的となりますが、大きなポイントとして、“”検索“”がとても重要と言えます。 この時点で選別が行われる為、検索に漏れた場合、利用して貰える可能性が低くなってしまうからです。

アプリの場合、インストールされていれば、状況が異なってくるのは説明が不要であると思われます。
お客様が望んだタイミングで的確にサービス提供ができることは大きなアドバンテージへ繋がります。

また、最近企業様でブランディングを目的とした、ゲーム・アプリの提供がされているのも、イメージ効果が高いことが大きな要因とされています。
詳細はこちら アプリ化

ご相談・お問い合わせ

先頭に戻る